夫から魚のような生臭い香りがします

この頃30代半ばの夫の体臭が気になってしょうがないです。
夫の体臭に気づいたのは2ヶ月前、夫がお風呂から上がって私の横を通りがかった時に「ん?」と思うような臭いがしたのです。
汗の臭いというよりは魚のような生臭い香りがして、でも夫はわきが持ちではないしとその時は気のせいだと思いました。

しかしその後も夫の近くにいると、時々魚のような臭いがするのです。
一番臭うのは夫の背中で、面と向かって話していると口臭も魚臭く感じます。
洗濯前の夫の服はそんなに臭わないので、夫の体に何か異変が出ているのかと思いました。

photo

そこで魚臭い場合はどういった症状があるのか調べた所、どうやら肝臓が悪くなっている場合にそういった臭いがする事があるんだそうです。
一応夫は会社で健康診断を受けていますが、大酒飲みなのでもしかしたら肝機能が弱っているのかもしれませんね。

取りあえず今度夫に話して一緒に病院へ行って検査してみる事にして、それまでに食事改善もしてみようと思っています。
魚介類は特にトリメチルアミンという臭いの元を発生させるようなので、これらを止めてより健康にいい食事を作ろうと思いました。
今は、デオドラントを塗ってもらって、口は口臭予防スプレーやタブレットで体臭予防をしています。
デオドラントクリームを塗ったり口臭予防すればまだ臭いはましになるので、そこまで重い症状ではないのかもしれないとホッとしています。

しかし、本人に「魚臭いよ」とは言えないので、デオドラントも口臭予防スプレーも使ってもらうまでに苦労しました。
「これから汗をかきやすくなるから」と言って渡しましたが、それでもちょっと傷ついた顔をしていたので、体臭を指摘するのはこちらも気を遣うのだと感じました。

 

生活習慣の見直しは体臭対策の基本

30代半ばになると、加齢臭に悩む人が多くなるのですが、今回のケースは心配ですね。
もうすでに検査を受けられたかもしれませんが、大病でない事を祈ります。

まず食生活で改善を試みるという姿勢は、大変素晴らしいです。
普段の食生活が、体臭を発生させる原因になっている事もありますからね。
また、飲酒量が多いとの事ですが、実はこれも体臭の原因になっている可能性があります。

デオドラントによるケアも重要ですが、まずは日頃の生活の改善から。
体臭を解決するためには、もっとも近道です。

夫の足が臭くて気分が悪くなった

うちの夫は足がとても臭いです。
仕事中は革靴を履いているので、足が蒸れてしまって、帰宅する頃には強烈な臭いになっています。
夫が靴を脱ぐと、玄関に足の臭いが充満し、リビングも夫が歩いたところはにおいでわかるほどの臭さです。

photo

なんとか対策をしようと、靴を買い替えて蒸れにくいものにしたり、足専用の石鹸を使ったり、いろいろなものを試してきました。
でも、どれも一時的には改善するものの、しばらく経つともとの強烈な臭いになってしまい、あまり効果がありませんでした。
夫も「男は臭いもの」と言ってあまり本気で対策はせず、いつの間にか商品を使うのを辞めてしまいました。

ある日、そんな夫が深刻な顔をして「俺の足ってそんなに臭い?」と聞いてきました。
私は、臭くて困っていること、対策をしないことへの不満を伝えました。
その日、会社の先輩に足が臭いと指摘されたようで、夫自身もようやく足の臭さを自覚したみたいでした。

それからは本気で足の臭い対策をするようになり、消臭効果のある生地の靴下を履いたり、まめに足の消臭スプレーやクリームを塗るようになりました。
お風呂でも足を念入りに洗うようになり、時には足専用の石鹸を溶かしたお湯で足湯をしていました。
油断すると足の臭いが強くなりますが、きちんと対策をするようになってからは私が気分が悪くなるほどの臭いはしなくなりました。

これから暑くなり、ますます足が蒸れる時期になるので、しっかり対策していきたいと思います。

 

家族の指摘では深刻さを感じない?

ビジネスマンの必須アイテムと言われる革靴は、見た目はカッコいいものの通気性は劣悪であり、多くの「足クサ」を生み出している面があります。
しかし、どういうわけか家族が指摘してもさほど気にせず、家族以外の第三者に指摘される事でようやく気付く……というケースが多いようです。

入浴時に洗う程度では正直言って根本的な解決方法にはなりませんが、ある程度緩和する事はできるので、心がけた方が良いでしょう。
足の臭いは皮膚の表面に繁殖した雑菌が原因でもあるので、洗い流す事でそれなりの効果が期待できます。

夏は特に臭いが気になる季節ですが、諦めずに頑張りましょう!

夫の服に染みついた臭いが悩みです

夫は加齢臭と汗臭が混じったきつい体臭がします。
元々は無臭だったのですが、30代半ばになって急に気になるようになりました。
その臭いがしないのはお風呂からあがってしばらくの間だけで、すぐ脂っぽくムッとした臭いが広がります。

photo

指摘すると機嫌が悪くなるのでシャンプーやボディソープを殺菌剤が入っているものやデオドラント効果があるものに替え、ケアグッズを買ってきて洗面所にさりげなく置き「つかってみてね」とやんわり奨めたりしています。
でも自分では気にならないようで、また面倒くさがりなのもあってケアを全くしてくれません。

体臭そのもの体質や年齢的なものが原因だと思うので仕方ないと諦めています。
でも衣類や寝具に独特の臭いが染みつき、とれないのだけは大きな悩みです。
せっかく洗濯してもいい香りがしないので気分的にもスッキリしません。
漂白剤や除菌消臭力が高いと謳われている洗剤等をあれこれ試してみても全然といっていい程効果がないので悩み、困り果てています。

 

加齢臭はなかなか取れない

加齢臭が出始める年齢は、個人によって差があります。
大抵の人は30代~40代で目立ち始めますが、20代で出始める人や、40代になっても気にならない人とさまざまです。

確かにシャンプーやボディソープで一時的に抑える事は可能ですが、根本的に解決するとなると、かなりの期間と根気を要します。
自分では大丈夫と思っていても、他人にははっきりわかるものです。

夫の加齢臭に悩む妻にとってもっとも多く見られる悩みが、「洗濯しても臭いが取れない!」という点です。
動物性の臭いは非常に頑固なので、なかなか落ちにくいのが現状のようです。

足のにおいが・・・

結婚する前は気にしたことなんて一度もなかったことだったのですが、結婚後、すぐに妊娠。
そして気づいてしまいました。旦那さんの足のにおいがすごすぎることを。

photo

妊娠中は匂いに敏感っていいますが、本当でした。
旦那さんと向かい合わせで夕食を食べるのですが、ある日をきっかけに足のにおいでご飯が食べられないくらいになり、我慢するのも毎日はできないので本人に言いました。
「しっかり足を洗ってるだけどな~そんなに匂うか?ハハハッ!」とあまり気にしていない感じでしたが、その日から足を洗うことはもちろん、とりあえず足を違う方向に向けてもらったりして、靴も新品に変えてもらいました。

それでもまだ気になったので、ネットで何か方法はないかと検索。
外国産の靴用のパウダー消臭剤を発見し、試してみました。
これが劇的効果で、試したあと不思議なくらい匂いが消えました。
そして旦那さんの足の裏、水虫でいっぱいだったのですが一気に消えたとのこと・・・恐るべし、消臭パウダー。

この満足の使い心地で育児中のいまでもずっと買い足ししています。

 

消臭パウダーの効果に興味を惹かれます

妊娠中……特につわりで苦しい時期は、かすかな臭いでも過敏に反応してしまうケースが多く聞かれます。
その際、もっとも多く聞かれるのが「家族の体臭が気になる」という例です。
中でも、「わきが」と「足の臭い」が圧倒的多数を占めています。

それにしても、その消臭パウダーはとても優秀だったんですね。
私も、足の臭いが強い家族がいるので、教えてほしいくらいです(笑)
臭いが気になるたびに靴を変えていてはきりがありませんから、今回のように消臭・脱臭をするのも効果的ですね。

旦那の気になる嫌なにおい

結婚してまだ数カ月ですが、妊娠しているのもあるのかは解りませんがとにかく旦那が臭い!なにより、加齢臭のようなにおいがして横に座っているだけで耐えられないこともしばしばで、一番しんどいのは口臭です。

夜寝る前に歯磨きを必ずするのですが、朝は自分の気持ちが乗らないと歯磨きをせず、歯を磨くこと自体も1分足らずで終わるし綺麗に磨けているのか定かじゃない感じで…煙草も吸うので煙草の匂いと口の中独特なあの嫌なにおいがすごくて頭がいつもおかしくなりそうです。

付き合っている時はデート前にシャワーなり何なりしてたでしょうしにおいがここまで気になることはなかったのですが結婚してから見えてくる相手の嫌な所。
同棲していたらこんなことにはならなかったのかとも思いますが、今更それを言っても仕方がないので旦那にはそれとなく「歯磨きはこうするといいんだよ」「髪の毛を洗う時はね、」と私なりに伝えていましたがあまり効果はなく、早いうちに伝えた方がいいだろうと決断し加齢臭や口臭の話を旦那にしました。

旦那はまだ27歳ですし「いやいや、まさか」という感じでしたが私の必死さが伝わったらしく少し腑に落ちない感じを出しつつも出来るだけ清潔に、歯磨きの仕方もちゃんとしてくれるようになりましたし、何より加齢臭には耳の裏を直接石鹸などでこすり洗いをするとにおいが気にならなくなりました。

口臭は歯磨きが一番効果的で、舌磨きも取り入れることでにおいはほとんどきにならなくなりました。

本当に、旦那に話してよかったとおもいつつ一日でもさぼられるとにおいに困るのでハラハラな毎日です。