加齢臭が気になります

夫の体臭が昔よりもキツくなっているように思います。
やはり、年齢からくる、加齢臭というものなのでしょうか。

最近では、夫の寝ている寝室の部屋を開けてみると、一瞬「うっ・・・」となります。
夫とは寝室を分けているので、夫が起きて、朝に部屋の掃除をする時に入るのですが、この部屋には長時間居れないと思うような臭いがするのです。

また、夫が毎日着ている肌着があるのですが、これが洗濯を毎日しているのに、どんどんと体臭が付いていってしまいます。
加齢臭を取るという洗剤を使っているのですが、その洗剤の力を使っても、夫の体臭は消すことができません。

photo

しかも、お風呂に入っても体臭がする夫なのですが、会社の帰りにお酒を飲んで帰ってくる日は、お風呂に入りません。
そして、朝にもお風呂に入らないので、そんな日は体臭がさらにひどくなります。
毎日お風呂に入らないと、不潔だという事を伝えるのですが、自分では体臭の事が気にならないようで、いっこうに行動を改めてくれません。

 

洗うだけでは改善できない体臭もある……それでも清潔維持は大切

以前はなかったのに、今になって体臭が気になり始めたのであれば、やはり加齢臭の可能性が高いでしょう。
ただ、まれに重篤な病気のサインである事もありますので、あまりにも気になるようであれば健康診断を受けてみても良いでしょう。

入浴後や洗濯後の衣類まで臭うのであれば、相当強い臭いがこびりついてしまっている事になります。
こうなると、ちょっとやそっとの事では改善できないので、同居家族としては非常に困ってしまいますね。

ただ、それを含めて考えても、お風呂に入らない日があるのは何とか改善してほしいところです。

頭が臭くてびっくりしてしまいました

結婚十年目、旦那は三十九歳です。
二十代後半で結婚したときは加齢臭、体臭がしなかったのですが、ここ最近体臭が気になるようになってきました。

まず、頭が臭いのです。
特に寝起きの枕がとても匂います。
篭ったにおい、というのでしょうか、雨の日の犬のくっさいニオイと似ています。
もわったとした臭いで気づかず呼吸していた私は「ん!」となってしまいました。

旦那は自分で気づいていませんし、メンタルがそんなに強くない人なのでそれを指摘するのも可哀想で、頭が臭いのならシャンプーでも変えてみたらいいのではないか、と思いました。
旦那には「安かったし、無添加で安全そうだから」ととってつけた言い訳をし無添加のあまりニオイのないシャンプー(しかし体臭予防込み)を使わせるようにしました。
今までのシャンプーですと体臭を消すどころか、シャンプーのニオイと旦那の体臭が格闘しあってせめぎあってどっちも負けない余計臭い、という状況になっていたのでニオイのないシャンプーにしました。

photo

一ヵ月半ほど使わせていますが、以前よりだいぶ頭のニオイはましになりました。
しかし、最近体のほうも臭くなってきたので、今度はこちらをどうにかしなければなりません。

 

直接指摘せず、さりげなく日常生活に取り入れるコツ

頭が臭うのは、加齢臭の原因となる物質が、首の後ろ辺りに集中しているためと考えられます。
もちろん、加齢に伴って頭全体から臭いが出ているのもあるでしょう。
そして、「良い香り」と「悪臭」が混ざってしまうと、大抵は大変な事になってしまいます。

いくら夫婦とはいえ、体臭(特に加齢臭)はなかなか指摘しづらいでしょう。
今回紹介していただいた方法は、言う方も言われる方も傷つかなくて済む良い方法ですね。
もし、パッケージ等で気付かれる可能性がある場合は、市販のボトルに移し替えれば良いでしょう。

夫の足の臭さにはかなり苦しんでいます

ずっと思っていました。
夫がかなり足が臭いのです。
正直ここまで臭いと、一緒にいたくなくなるものです。

力仕事をしているので、汗をいっぱいかくのは仕方がないと思います。
その臭いなら許せるのです。
でも何もしていなくても、朝から足が臭いのです。
靴下を履いていても、履いていなくてもです。

photo

夫の靴は全く臭いません。
だからやはり足が臭いのです。
その臭いのせいで、食欲が失せる時もたまにはあります。
お風呂上りにだって、すぐには気にならないのに寝ている時にふと気になってくるのです。
一緒に寝ている時間もとても苦痛になってきたのです。

寝ている時に一回だけ、夫の足に制汗剤スプレーを吹きかけた事があります。
ちょっとは良くなるかと思ったのです。
でも臭いが混ざってしまって全然ダメでした。
失敗に終わったのです。

どうすればいいかわかりません。
夫も気づいているのに、何の対策もしないのです。
というか、対策の方法がわからないのです。
でもこれ以上苦しみたくありません。

 

足が臭い原因はさまざま……心当たりはありませんか?

基本的に、足に限らず体臭の原因の大半は「雑菌の繁殖」にあります。
この場合、皮膚の清潔を維持していれば、やがて落ち着いてきます。

しかし、常に臭いとなると、もっと根本的な原因がありそうですね。
たとえば、足の皮膚に古くなった角質や皮脂などがこびりついており、きちんと洗い流せていない場合。
うっかり洗い残してしまう部分でもありそうですが、特に爪や指の間は汚れが貯まりやすいので、丁寧に洗う事が重要です。

よく洗っても改善されない場合は、水虫などの皮膚疾患や別の病気により、雑菌が繁殖しやすくなっている可能性もあります。
また、汗をかきやすいなど、元々の体質が要因になっている事も考えられます。

気になったその時に注意し改善策を練る

夫は40代中盤、お酒もたばこもやめられない典型的なメタボです。
管理職、営業もしているため仕事中は身なりもきちんとするよう心がけています。

photo

私はもともと臭いにかなり敏感なのでつねに臭いには気を付けています。
夫も私が臭いに敏感で常に清潔に保つように心がけ行動していることを知っており、時には気にしすぎだと注意されることがあります。

しかし、仕事中に同僚やお客様にご迷惑をおかけすることになる口臭、体臭は絶対にダメです。
基本的に仕事前日の食事は臭いの残らないもの(ニンニク料理等は避け)、タバコにはブレスケアと消臭スプレーを常備してもらい、夏場には汗ふきシートも常備してもらいます。
寝具も毎日洗い、夏場はスーツは風通しの良い場所で保管し、靴も臭いけしを入れています。
私が日々努力しているので、夫に「今日はくさい、タバコくさい」と言っても怒られませんし、その時は特に気を付けているようです。

男性もお通じが良くないと臭いがきつい気がします。
きちんとデトックスできるように酵素ドリンク等も飲んでもらうようにしています。

 

最低限の対策は欠かせない!デトックスも積極的に行おう

ご主人のために、かなりの努力をしておられますね。
神経質と言ってしまえばそれまでですが、人と接する事が多い営業職である事を考慮すると、最低限の対策はほぼ必須と言って良いでしょう。

そして、デトックスを気にするのは女性が多い傾向にありますが、老若男女問わず積極的に実践していきたいところです。
デトックスは体にとってさまざまな良い効果をもたらし、うまくすればメタボ改善にも繋がります。
ぜひ、これからも継続して行いましょう。

40歳になる夫の体臭が気になる今日この頃

現在夫は40歳になったばかりですが、最近ちょっとずつ体臭が気になるようになりました。

例えば、夫の洗濯物を洗おうと洗濯機に移し替える時に鼻をつく汗の臭いが気になります。
以前も臭いがあったと言えばあったのかもしれませんが、最近は特に気になるようになりました。
Tシャツも臭いますし靴下も臭います。

photo

また、驚いたのは、バスタオルも夫のものだけ独特の臭いを発しています。
バスタオルは、入浴後のキレイに洗った後の体を拭くのに使用しているのですが、それなのに、夫の体臭が染みついていたのには驚きました。
お風呂に入った後でも体臭は消えていないということなのかと思ってしまいました。

この他、夫の枕の臭いも気になります。
そのため、できるだけこまめに洗濯するようにしています。
しかし、1日使うとすぐ臭いが付いてしまうので、ほぼ毎日といって良い程洗っています。
できるだけ、臭いを抑えるために枕カバーをしてさらに上にタオルを敷くようにしているのですが、それでも2、3日で臭いが気になるようになります。

臭いのことは夫本人には言ったことはなく、できるだけこまめに洗濯するなどして対応しています。

 

より体臭が強い人にはシャンプーなどでの対応が効果的!ボトルの移し替えなら気付かれない

40歳というと、加齢臭が強くなりやすい年齢ですが、ご主人は一般的な人よりも特に体臭が強いようですね。
一日中着用していた衣類が臭うのは仕方のない事ですが、入浴直後に使ったタオルにまで体臭が付くというのはなかなか珍しいケースです。

洗濯の他、体臭に効果のあるシャンプーやボディソープなどで対応するという方法もあります。
100円ショップなどで販売されているボトルなどに移し替えれば、本人を傷つける事なく使ってもらえるのでお勧めです。

日々、匂いと戦っております。

夫が35歳くらいからでしょうか、あらゆる匂いが気になり始めた気がします。

まず口臭、これは昼食にニンニクを使った料理の物を食べて帰宅するとすぐに分かるので夫にも驚かれます。
そして夏場になり、汗をかくとすっばい匂いがするようになりました。この匂いが1番苦手かもしれません。
そして足の匂いも夏場は帰宅してから強く感じる時はお風呂で洗ってもらっています。

私が夫の匂いに敏感に反応するようになってから、夫自ら匂いチェックを頼んでくるので困っています。
ですが去年の秋くらいから、夫は太っていることもあり、食生活を随分かえてきました。
残念ながら体重に変化がないのですが、今年の夏に匂いがマシになったりしていることを期待しています。
臭い匂いはしない方が健康的だと思いますしね。

photo

ちなみに夫は若い頃、ワキガの手術をしています。
ですのでお陰様でワキの匂いは感じたことがありませんが、もしかすると体質的に匂いを発する方なのかもしれません。

今は38歳になりましたが、香水は相変わらず毎朝欠かさずつけていくので夫の努力も認めつつ、私にできることがあればしていきたいと思います!
とってもハッキリ大きな声で『臭い!!』と言っていますが、加齢臭など私にも真剣に悩む時期がいずれか訪れるであろうと考え、匂いと前向きに戦っていきたいと思います!

 

ワキガ体質の人は体臭が強い傾向にある

ワキガに限って言えば、確かに手術をすれば改善が見込めます。
しかし、ワキガ体質の人は必然的に体臭が発生しやすい体質であるケースが多く見られます。
ワキガの原因であるアポクリン腺は、腋以外の場所にも存在するのです。

食生活の改善は、根気よく続ける必要がありますが、体臭改善には大きな効果をもたらす事が期待できます。
肉だとか、臭いの強い物ばかり食べていると、やがて体臭にも現れます。
ですから、野菜を取り入れるなどヘルシーでバランスの良い食事を心がける事が、体臭改善の意味で特に重要です。

口臭の自覚のない主人

結婚して25年もたつと主人に接近することもなく正直、口臭は気になりませんでした。

ところが、姪の結婚式で仲良く隣の席に座っていると、魚が腐った匂いがしてきました。
歯周病による独特の匂いだったので周りを見渡すとあろうことか主人ではありませんか。

あまりの臭さに耐えかねた私は主人に直ぐに伝えました。
「臭くないわ。失礼なこと言うな。」と怒りだしました。
宴席でお酌に回ることを考えるとゲストの方に不快な思いを間違いなく与えると判断しました結果、自分が持ち歩いている洗口液で何べんも嗽をさせましたが効果がありませんでした。

主人は、自覚がなく酒も入り調子に乗ってお酌に回っていました。
私は、口の臭い主人と夫婦と思われるのが恥ずかしく最低限しかお酌に行きませんでした。

本人に自覚してもらおうと、会社の人は嫌な顔をしていないかなどを尋ねると、正直者の主人は直球に同僚に質問し誰も「口臭はない。」と言ったと開き直る始末です。
口臭チェッカーを購入しテストすると気にならない程度を表示し「お前が、敏感になっている。」と逆切れされました。

ところが普段は口数の少ない義弟から「臭くても普通は言えないでしょ。」と言われようやく自覚し、専門の歯磨き粉を使用するようになり口臭は現在は軽減されてきています。

photo

指摘された時ほど逆切れしやすい……だからこそ自覚させる事も大切

口臭に限らず、臭いが気になる時に限って指摘された本人はあからさまに不快感を示す事が多いものです。
しかし、義弟さんのおっしゃる事はもっともで、どんなに気になっても直接指摘するのはなかなか勇気がいる行為です。
普段は口数が少ない義弟さんが指摘するほど、強烈な臭いだったのでしょう。

普段の口内環境も影響しますが、お酒を飲んでいる時はより口臭が強くなる傾向にあります。
これはもちろん、アルコールが原因です。
いくらめでたい席だったとはいえ、その状態でお酌をして回っていたとなると、他の人に気付かれていたかもしれませんね。

まさかと思った夫の加齢臭を感じた時

私の夫はお付き合いしていた時は特に匂いが気になることはありませんでした。
むしろ、いい香りの香水をさり気なく付けていたので、その香りも大好きでした。

結婚して夫が35歳を過ぎた頃からだと思うんですが、枕が臭いと思うようになりました。
少しずつ洋服も匂うようになってきました。
最初はシャツの首周りだけだったのが、やがてあちこち臭うようになってきました。
忘れもしないのは、洗濯物を分別している時。
夫のジーンズの股間部分の辺りが、ものすごく臭かったのです。
正直、昔から気になってはいたのですが、加齢臭が重なって余計きつくなったのかもしれません。

photo

最初はそんなに苦痛に思うこともなかったんですが、年齢を重ねていく内に匂いが強くなってきたように思います。
夫は気がついていないようです。
私は夫に加齢臭の話をしたことはありません。
なんだか傷つけてしまうような気がして言えませんでした。

加齢臭がある洗濯物は柔軟剤を多めに入れるようにしています。
夫は悪気があるわけではないし、責めるのも違う気がします。
気付かれないように私が匂いを消していっている感じです。

最近はいい香りの石鹸を夫に薦めてみました。
夫はその石鹸の香りが気に入ったようで、毎日使ってくれています。
加齢臭が少なくなったので嬉しいです。

 

本人が馴染みやすい方法を勧めよう

35歳ともなると、加齢臭が出やすくなる年頃ですね。
体臭に関する話題は非常にデリケートですから、夫婦間でも言い出しづらいのはよくわかります。

ですから、はっきり伝える前にひとまず対処するというのも良い方法です。
おっしゃる通り、体臭は自分の意思だけではどうにもならない面もありますので、広い心で接してあげてください。

良い香りの石鹸を勧めるのも良いですね。
いくら効果があっても、本人が馴染めない香りだと使うのが苦痛になりますので、あくまで本人の意思を尊重した上で勧める事がポイントです。

なお、デリケートな部分の臭いは普通の石鹸では解決できませんので、こちらのサイトを参考にしてみると良いかもしれません。
すそがの匂いを抑える

やっぱり40代からみたいです

私が初めて夫の加齢臭に気付いたのは、夫が40代半ば頃のことでした。

前夜飲み会があり、お酒を飲んでいたのでお風呂に入らず寝た翌朝のことでした。
朝私が起きた時、なんか嫌な臭いが・・・。

photo

汗臭いというだけの臭いではなく、「あぁ、これが加齢臭か」とすぐわかりました。
ワキガとか酸っぱいような臭いではなく、何と言えば良いか、結局「おじさん臭い」としか言いようのない臭いでした。

今はもう50代半ばですが、ちゃんとお風呂にはいっていれば、昼間から臭うことはありません。
でも、真夏は本人も臭いには気付いていないのかもしれませんが、汗をかくのが気になるようで、汗を拭きとる男性用のシートを職場に持参しています。
車で通勤しているので、朝から車内は結構温度が高くなっているので、職場に着くころには一汗かいてしまうのです。
夫は学校の先生なので、シートの匂いに気付いた子から「先生、お風呂に入った匂いがする」なんて言われたようで、本人はホッとしていました。

今のところ飲み会の翌朝だけ気になっていますが、これ以上になったら、柿の石鹸を購入して試してみようかと思っています。

 

清潔を保つ事が基本

飲酒後かつお風呂に入らなかったという事も関係ありそうですが、40代後半になってくると、加齢臭に悩まされる人は格段に増えてきます。
ただ、50代に突入していてもお風呂に入る事で大幅に抑えられているようですので、加齢臭自体はさほど強くないと思われます。
清潔を保つ事は体臭対策の基本中の基本なので、この調子でいきましょう。

柿渋石鹸は、加齢臭に悩む中高年の人の間で話題になっていますね。
柿渋に含まれる柿タンニンという物質が、多くの人々を体臭から守ってくれるわけです。
万人に効果があるとは言い切れませんが、試してみる価値はあるでしょう。

どうしても気になる夫の枕カバーの臭い

Tシャツや靴下など、夫が身に着けたものは何かと臭いが気になりがちですが、特に困っているのが枕カバーの臭いです。
寝室に入ると、ムワっとした臭いがこもっていて、その元をたどると夫の枕カバーなのです。

夫の場合、頭を洗うのは朝と決まっています。
夜の間汗をかくので、朝お風呂に入ってシャンプーもしたいということなのですが、そのせいで夜はそのまま寝てしまいます。
しかも、朝は時間がないので、ドライヤーをかけずに出社します。
頭皮を乾かさないままでいると、雑菌が繁殖しやすく臭いの原因になってしまうという話を聞いたことがありますが、まさにそのパターンかもしれません。
しかし、夜は洗髪しないという習慣を変えてもらうのは難しいとあきらめています。

photo

対処方法としては、毎日消臭剤をふりかけ、できるだけこまめに洗濯するということぐらいでしょうか。
色違いで夫とおそろいの枕カバーを使っていますが、夫の方はすっかり柄が薄れてきてしまいました。
そろそろ替え時なのかもしれません。

 

忙しくても髪は必ず乾かそう

衣類と同じくらい、寝具も体臭がこびりつきやすいものです。
特に首の後ろあたりからは、体臭の原因となる物質が多く分泌されるので、枕は特に臭いやすい傾向にあります。

ご主人は朝風呂(シャワー)派との事ですが、頭に臭いがついたまま就寝している事は、ほぼ確実に枕の臭いの原因に直結しているでしょう。
また、濡れた髪をそのまま放置すると臭ってくるというのも事実です。
忙しいのはわかりますが、せめて髪を乾かすぐらいの時間は必ず確保するよう伝えてみてください。
臭いはもちろん、髪が傷む原因にもなりますからね。